須通り
Sudo Masaaki official site
For the reinstatement of
population ecology.

ホーム | 論文の紹介

          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l   個体群生態学は復活するんだ。
     (l     し    l)  悲しみの弔鐘はもう鳴り止んだ。
      l    __   l   君は輝ける人生の、その一歩を、
      > 、 _      ィ    再び踏み出す時が来たんだ。
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |

上から執筆年順、第一著者でないもの含む。

1. 温帯林におけるダニ相の季節変化

*Masaaki Sudo, Sachiko Nishida, Takao Itioka (2010) Seasonal fluctuations in foliar mite populations on Viburnum erosum Thunb. var. punctatum Franch. et Sav. (Adoxaceae) and sympatric shrubs in temperate secondary forests in western Japan. Applied Entomology and Zoology 45 (3): 405–415. doi: 10.1303/aez.2010.405

3行でまとめると

毛やドマティアを持つ植物の葉面では
そうでない葉よりも
季節を通じて
捕食性・菌食性のダニが多い

コメント

いわゆるひとつの処女論文。自分が書いたものが印刷物になって手元に送られてきたときの感動は何度繰り返しても色褪せない。最早これは呪縛であり、Publish and perishとはよく言ったものだ。
葉面の微細立体構造(毛・ドマティア)が植物ダニを捕食者等から保護することは知られてきたが、それらの構造が、葉上ダニ群集の動態に及ぼす影響は評価されていなかった。本研究では、京都近郊の雑木林で2007―2008の2年間、低木層の葉上からダニを採集した。
その結果、毛やドマティアを有する植物において、その内部を利用するダニ個体群(捕食者であるカブリダニ、菌食者であるキノウエコナダニ・コハリダニ)が季節を通じて高頻度で存続することが見出され、葉面微細構造がダニ群集の安定性に寄与している可能性が示された。

2. 植物ダニの葉面分布

*Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2011) Do plant mites commonly prefer the underside of leaves? Experimental and Applied Acarology 55 (1): 25–38. doi: 10.1007/s10493-011-9454-4 | 京都大学リポジトリでも本文公開中

3行でまとめると

ダニは
葉の下面に
いることが
多い

コメント

上記と同一のデータセットを使用。植物ダニが葉のオモテ(上面)よりもウラ(下面)から高頻度で見つかることはダニ学者の間では常識とされてきたが、それを初めて群集レベルで、自然生態系で定量化した研究である。
なぜダニが葉裏を好むのかは、今でも完全には解明されていないものの、要因の一つとして挙げられたのが太陽光紫外線の有害作用(Ohtsuka and Osakabe 2009 Environ. Entomol.)である。ここから、以下に示す一連の研究へと繋がってゆく。

3. ナミハダニ卵に対する太陽光紫外線の効果の季節変化

Yuta Sakai, Masaaki Sudo, *Masahiro Osakabe (2012) Seasonal changes in the deleterious effects of solar ultraviolet-B radiation on eggs of the twospotted spider mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae). Applied Entomology and Zoology 47 (1): 67–73. doi: 10.1007/s13355-011-0090-6

3行でまとめると

夏よりも春のほうが太陽光紫外線は低強度だが
それ以上に気温が低いので
ナミハダニの卵は発育に長時間を要し
より多くの積算照射量を受けて死ぬ

コメント

実験は研究室の後輩である酒居勇太氏が実施し、須藤は統計解析を分担。
まあ「ダニの卵は太陽光に含まれる紫外線であっさり死ぬ」という事実を知らない人が、この論文だけを読んでも意味不明だろう。そのあたりの経緯については、Ohtsuka and Osakabe (2009) Environ. Entomol. および Sakai and Osakabe (2010) Photochem. Photobiol. あたりの先行研究を参照されたし。

4. 葉面の表裏における栄養条件の差がナミハダニの産卵数に与える影響は重力により補償される

Yuta Sakai, *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2012) A comparison of the effects of gravity and the nutritional advantage of leaf surfaces on fecundity in the two-spotted spider mite (Acari: Tetranychidae). Journal of the Acarological Society of Japan 21 (1): 1–6. doi: 10.2300/acari.21.1

3行でまとめると

ナミハダニは葉の上面にいるときより
下面からぶら下がっているときのほうが産卵速度は速いけど
葉表のほうが葉裏より餌としての質は高いので
トータルの産卵速度は葉面の上下で変わらないのであった

コメント

実験の主要部分は酒居氏が実施。須藤はcorresponding authorとして追加実験、解析および執筆投稿を担当。
ナミハダニは寄主葉の専ら下面を食害する性質を持つ(畑や果樹園では約98%の個体が葉裏から見つかる)。その理由として上の項目で挙げた太陽光紫外線からの回避が第一に挙げられるのだが、そもそも葉の上と下ではダニの体に掛かる重力の方向が異なるし、表と裏では栄養条件が違うかもしれない。後者2つの影響について、インゲンマメの葉を用いて検討したのがこの研究である。
結論として重力および栄養条件が、上下葉面間で産卵数を著しく変えるということはなく、ナミハダニの分布が葉の下面に偏っていることを、これらの要因では説明できなかった。つまり、考慮すべきはやはり太陽光というわけだ。

5. 植物ダニの種間における葉面選好性の違いが捕食者による植食者への負の影響を緩和する

*Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2013) Geotaxis and leaf-surface preferences mitigate negative effects of a predatory mite on an herbivorous mite. Experimental and Applied Acarology 59 (4): 409–420. doi: 10.1007/s10493-012-9622-1 | 京都大学リポジトリでも本文公開中

3行でまとめると

チャノヒメハダニは葉の上面(オモテ)を好み
その捕食者であるカブリダニは下面(ウラ)を好むので
両者の分布は葉面によって隔てられ
ヒメハダニの卵は上面では食べられにくくなる

コメント

植物の葉に表裏二つの面があること自体が、植食者種と捕食者種の葉面選好パターンの違いを介して両者を空間的に隔離し、捕食圧および捕食者との同居による植食者の産卵数減少を緩和しているという、革新的な知見(だったらいいな)をはじめて報告した。

6. 葉面の毛がヒメハダニの卵を捕食者から保護する

*Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2013) Stellate hairs on leaves of a deciduous shrub Viburnum erosum var. punctatum (Adoxaceae) effectively protect Brevipalpus obovatus (Acari: Tenuipalpidae) eggs from the predator Phytoseius nipponicus (Acari: Phytoseiidae). Experimental and Applied Acarology 60: 299–311. doi: 10.1007/s10493-012-9648-4 | 京都大学リポジトリでも本文公開中

3行でまとめると

捕食者が入れないほど密生した
毛の下に卵を産み付ければ
卵の成長がゆっくりでも
安心だね

コメント

云いたいことは既に3行でまとめてしまったので、愚痴を少々。この論文の肝は、捕食者がどんなに時間を掛けてもアクセスできない場所(毛の下)に卵を設置することが、卵を「早く成長しなければ被食リスクが増大する」という選択圧から解放し、結果として***********************という点にある。これが査読者に理解されず、アクセプト稿では単純に毛の隠蔽効果を実証した論文という体裁を取らざるを得なかったのは残念だ。*の中にどんな言葉が入るか知りたい方は、直接連絡されたし。

7. 太陽光紫外線と高温ストレスの複合的効果がヒメハダニ卵のふ化成否を季節的に変化させる

*Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2015) Joint effect of solar UVB and heat stress on the seasonal change of egg hatching success in the herbivorous false spider mite (Acari: Tenuipalpidae). Environmental Entomology 44 (6): 1605–1613. doi: 10.1093/ee/nvv131

3行でまとめると

紫外線の瞬間強度は晩春から初夏に最大となるが
熱ストレスは盛夏に掛かるので
ヒメハダニ卵の死亡リスクは
春よりも秋に最小化される

コメント

この論文の肝は、太陽エネルギーが陸上の動物個体群に与える効果について、わざわざ熱(温度)と紫外線の影響を分けて考える意義を実証した点にある。従来の「温度が高いほど発育速度が上がる」という理解は、春と夏の個体群増殖速度が違うことの説明には有効だが、気温が同程度である春と秋の死亡リスクの差異を説明することは難しかった。紫外線強度は春期も意外と馬鹿にならないが、夏以降は急速に減衰する。秋には熱ストレスと紫外線負荷の両方から解放され、外温動物にとってのベストコンディションとなるわけだ。屋外実験は2012年の春から秋まで。査読に2年掛かってしまったが、ついにリリース。