須通り
Sudo Masaaki official site
For the reinstatement of
population ecology.

    学会発表中の保安規則

  1. 質問された事にそのまま答えよ。話をそらしてはならない。
  2. 何かと口実を作って事実を隠蔽してはならない。質問者を試す事は固く禁じる。
  3. 聴衆に亀裂をもたらし頓挫させようとするのは愚か者である。そのようになってはならない。
  4. 質問に対し問い返すなどして時間稼ぎをしてはならない。
  5. 自分の不勉強や科学論など語ってはならない。
  6. 質問を受けている間は一切叫ばないこと
  7. 何もせず、静かに立って質問を待て。何も質問がなければ静かに去れ。何か質問を受けたら、何も言わずにすぐに回答しろ。
  8. 反復の不十分を隠すために天候不順を口実に使うな。
  9. これらの規則が守れなければ何度でも何度でもベルを鳴らす。
  10. これらの規則を破った場合には10回のベルか5回の座長質問を与える。

ホーム | 研究紹介 | 業績一覧

出版物

原著論文

*は責任著者、掲載順は原則としてアクセプト順

  1. *Masaaki Sudo, Sachiko Nishida, Takao Itioka (2010) Seasonal fluctuations in foliar mite populations on Viburnum erosum Thunb. var. punctatum Franch. et Sav. (Adoxaceae) and sympatric shrubs in temperate secondary forests in western Japan. Applied Entomology and Zoology 45 (3): 405–415. doi: 10.1303/aez.2010.405 (J-STAGEで本文公開中)| 解説ページへ
  2. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2011) Do plant mites commonly prefer the underside of leaves? Experimental and Applied Acarology 55 (1): 25–38. doi: 10.1007/s10493-011-9454-4 | 京都大学リポジトリでも本文公開中 | 解説ページへ
  3. Yuta Sakai, Masaaki Sudo, *Masahiro Osakabe (2012) Seasonal changes in the deleterious effects of solar ultraviolet-B radiation on eggs of the twospotted spider mite, Tetranychus urticae (Acari: Tetranychidae). Applied Entomology and Zoology 47 (1): 67–73. doi: 10.1007/s13355-011-0090-6 | 解説ページへ
  4. Yuta Sakai, *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2012) A comparison of the effects of gravity and the nutritional advantage of leaf surfaces on fecundity in the two-spotted spider mite (Acari: Tetranychidae). Journal of the Acarological Society of Japan 21 (1): 1–6. doi: 10.2300/acari.21.1 (J-STAGEで本文公開中)| 解説ページへ
  5. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2013) Geotaxis and leaf-surface preferences mitigate negative effects of a predatory mite on an herbivorous mite. Experimental and Applied Acarology 59 (4): 409–420. doi: 10.1007/s10493-012-9622-1 | 京都大学リポジトリでも本文公開中 | 解説ページへ
  6. Midori Fukaya, Ryuji Uesugi, Hirokazu Ohashi, Yuta Sakai, Masaaki Sudo, Atsushi Kasai, Hidenari Kishimoto, *Masahiro Osakabe (2013) Tolerance to solar ultraviolet-B radiation in the citrus red mite, an upper surface user of host plant leaves. Photochemistry and Photobiology 89: 424–431. doi: 10.1111/php.12001
  7. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2013) Stellate hairs on leaves of a deciduous shrub Viburnum erosum var. punctatum (Adoxaceae) effectively protect Brevipalpus obovatus (Acari: Tenuipalpidae) eggs from the predator Phytoseius nipponicus (Acari: Phytoseiidae). Experimental and Applied Acarology 60: 299–311. doi: 10.1007/s10493-012-9648-4 | 京都大学リポジトリでも本文公開中 | 解説ページへ
  8. *Otani Y, Yoshihiro S, Takahata Y, Zamma K, Nagai M. Kanie M, Hayaishi S, Fujino M, Sugaya K, Sudo M, Amanai S, Kaneda M, Tachikawa Y, Fukunaga Y, Okahisa Y, Higashi K, Hanya G (2013) Density of Japanese macaque (Macaca fuscata yakui) males ranging alone: seasonal and regional variation in male cohesiveness with the group. Mammal Study 38: 105–115.
    (著者:大谷洋介、好廣眞一、高畑由起夫、座馬耕一郎、永井真紀子、蟹江真人、早石周平、藤野正也、菅谷和沙、須藤正彬、天内史織、金田全人、立川佳晴、福永恭啓、岡久雄二、東加奈子、半谷吾郎)
  9. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2015) Joint effect of solar UVB and heat stress on the seasonal change of egg hatching success in the herbivorous false spider mite (Acari: Tenuipalpidae). Environmental Entomology 44 (6): 1605–1613. doi: 10.1093/ee/nvv131 | 解説ページへ

調査報告および技術報告

  1. 須藤正彬 (2005) Adobe Photoshop Elements®とGRASS GISを用いた高解像度DEMの作成. やけん. 京都大学野生生物研究会. 22号、pp124–141.
  2. 須藤正彬 (2006) 平成17年度ヌートリア捕獲業務報告書. 昆陽池のヌートリア調査会.
  3. 須藤正彬 (2007) 平成18年度ヌートリア捕獲業務報告書. 昆陽池のヌートリア調査会.

その他文章

  1. 須藤正彬 (2012) EURAAC参加報告 ウィーンにて,欧州ダニ学の精華に触れる.あかりノート, 日本ダニ学会誌21巻2号 (November 2012), pp162–164.
  2. 須藤正彬 (2014) ICA2014:ダニに最も近い夏 (第14回国際ダニ学会議参加報告). あかりノート, 日本ダニ学会誌23巻2号 (November 2014), pp101–102.
  3. 須藤正彬 (2015) 第45回ハダニ談話会(講演要旨)植物ダニにおける葉の上下面の使い分けとその生態学的意義. あかりノート, 日本ダニ学会誌24巻1号 (May 2015), pp 41–42.

学会発表

*は主たる発表(登壇)者

国際会議における発表

ポスター発表

  1. *Masaaki Sudo, Sachiko Nishida, Takao Itioka (2008.10.09) The rich acarofauna on Viburnum erosum var. punctatum. International Symposium on Mites & Whitefly (P011). Daemyung Resort, Gyeongju, KOREA
  2. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2012.03.19) Discrepancy between predator density and shelter availability: why false spider mites oviposit on less hairy surface of a leaf? The 5th EAFES International Congress (P1-236A#). Ryukoku University, Otsu, JAPAN
  3. *Masaaki Sudo, Daisuke Takahashi, Yoshito Suzuki, David A. Andow, Takehiko Yamanaka (2015.11.18) Insecticide-resistance management for various insect lifehistories: Is a mixture strategy always the best choice? 2015 Annual Meeting, Entomological Society of America (D3435). Minneapolis Convention Center, Minneapolis, MN, US

口頭発表

  1. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2012.07.11) How environmental heterogeneity between leaf surfaces affects spatial distribution and prey-predator interaction in plant mites. 7th Symposium of the EURopean Association of Acarologists (Session Behavioral Ecology and Life History EH01). Vienna, AUSTRIA
  2. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2014.07.15) Solar radiation as a determinant of acarine community assembly and seasonal dynamics. XIV International Congress of Acarology (#S3-05-7 in the Symposium "Mites under the sun: how radiant heat, visible light or ultraviolet affect mite physiology, life history and community ecology?"). Kyoto Terrsa, Kyoto, JAPAN

国内学会・シンポジウム等における発表

*は主たる発表(登壇)者

ポスター発表:査読無し

  1. *須藤正彬, 西田佐知子, 市岡孝朗 (2009.03.18) 近畿地方の二次林における植物ダニ群集の樹種間比較. 第56回日本生態学会大会, PC1-332, 岩手県立大学
  2. *須藤正彬, 刑部正博 (2011.03.09) 葉面の毛で隠蔽されたダニ卵に対する捕食者の探索効率低下と探索努力飽和のタイムシーケンス. 第58回日本生態学会大会, P1-193#, 札幌コンベンションセンター, 札幌市
  3. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2013.03.06) Solar UVB radiation and temperature determine the seasonal change in survivability of an herbivorous false spider mite. 第60回日本生態学会大会, P1-227#, 静岡県コンベンションアーツセンター, 静岡市
  4. *Masaaki Sudo, Takehiko Yamanaka (2016.11.03--04) Realistic dose--response model for pesticide resistance management. 第32回個体群生態学会大会, P-29, 定山渓温泉 鹿の湯, 札幌市

口頭発表:査読無し

  1. *須藤正彬, 刑部正博 (2009.09.29) コバノガマズミの葉上ダニ群集を構成する各分類群が葉の表裏において示す分布様式. 第18回日本ダニ学会大会, 講演番号6, 茨城大学農学部
  2. *須藤正彬, 刑部正博 (2010.03.26) 自然生態系のダニは葉の裏面に多いのか—葉面形態・季節との関わりから—. 第54回日本応用動物昆虫学会大会, L107, 千葉大学園芸学部
  3. *須藤正彬, 刑部正博 (2010.09.12) 捕食回避の観点からみたチャノヒメハダニの葉内産卵場所選択. 第19回日本ダニ学会大会, 講演番号31, 宮城教育大学
  4. *須藤正彬, 刑部正博 (2011.03.29) 植物ダニの捕食者–被食者間における重力・葉面選好性の相違が捕食強度に及ぼす影響. 第55回日本応用動物昆虫学会大会, F304, 九州大学 (大会開催中止による名目上の講演成立)
  5. *須藤正彬, 刑部正博 (2011.09.29) 葉面の上下における重力方向と微細立体構造の違いがチャノヒメハダニとケブトカブリダニの種間相互作用を緩和する. 第20回日本ダニ学会大会, 講演番号10, 城西館, 高知市
  6. *須藤正彬, 酒居勇太, 刑部正博 (2012.03.29) なぜ一部の植食性ダニだけが葉表に産卵するのか. 第56回日本応用動物昆虫学会大会, F301, 近畿大学農学部, 奈良市
  7. *須藤正彬, 刑部正博 (2012.09.29) 太陽光紫外線によるチャノヒメハダニ卵の損傷リスクの季節変動に関わる要因. 第21回日本ダニ学会大会, 講演番号17, 島根県民会館, 松江市
  8. *須藤正彬, 刑部正博 (2013.03.28) 太陽光紫外線と温度の季節変動が植物ダニによる葉表の利用可能性を制限する. 第57回日本応用動物昆虫学会大会, K210, 日本大学生物資源科学部, 藤沢市
  9. *須藤正彬, 刑部正博 (2013.09.29) 太陽光UVと輻射熱の相互作用がチャノヒメハダニ卵の寄主葉上面での生存を制限する. 第22回日本ダニ学会大会, 講演番号26, 静岡県職員会館, 静岡市
  10. *Masaaki Sudo, Masahiro Osakabe (2014.03.15) Solar radiation as a determinant of seasonal occurrence of an herbivorous mite, Brevipalpus obovatus. 第61回日本生態学会大会, #F0-02 English Presentation Award (1), 広島国際会議場, 広島市
  11. *須藤正彬, 高橋大輔, 山中武彦 (2015.03.21) 殺虫剤抵抗性管理における害虫生活史形質の重要性. 日本生態学会第62回全国大会, 講演番号J2-33 (動物個体群), 鹿児島大学郡元キャンパス, 鹿児島市
  12. *須藤正彬, 高橋大輔, 山中武彦 (2015.03.27) 複数剤を有効に使った抵抗背管理:害虫生活史と薬剤施用形態の重要性. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, K216, 山形大学小白川キャンパス, 山形市
  13. *須藤正彬 (2015.03.27) 第45回ハダニ談話会 植物ダニにおける葉の上下面の使い分けとその生態学的意義. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, W011, 山形大学小白川キャンパス, 山形市
  14. *須藤正彬, 山中武彦, 高橋大輔, 鈴木芳人 (2016.03.24) 殺虫剤のローテーション散布は抵抗性発達を遅延させるか. 日本生態学会第63回全国大会, 講演番号J3-34 (動物個体群), 仙台国際センター, 仙台市
  15. *須藤正彬, 山中武彦 (2016.03.27) 殺虫剤抵抗性管理における討ち漏らしの功罪. 第60回日本応用動物昆虫学会大会, B201, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 堺市
  16. *須藤正彬, 高橋大輔, 山村光司, 山中武彦 (2017.03.28) 薬剤抵抗性管理のための濃度-死亡率反応曲線明示型モデル. 第61回日本応用動物昆虫学会大会, A107, 東京農工大学小金井キャンパス, 小金井市

公開セミナーでの発表

  1. *須藤正彬 (2015.01.13) 害虫の生活史タイプに基づく薬剤抵抗性管理の最適戦略. 第60回・蟲セミナー「進化生態学的アプローチから薬剤抵抗性管理を考える」, 講演番号3, 中央農業総合研究センター, つくば市
  2. *須藤正彬 (2015.01.24) 群集生態学はアクションゲームになりますか? 日本生態学会関東地区会公開シンポジウム「5分で伝える力 生態学ライトニングトーク」, 第二部 (2), 東京大学農学部, 東京都
  3. *須藤正彬 (2016.03.22) たった5分でシミュレーションモデルが50倍早くなるRcppのすすめ. 自由集会 W19 「5分で自分をアピール! 生態学ライトニングトーク@仙台」, 日本生態学会第63回全国大会, 仙台国際センター, 仙台市

学術集会の企画

  1. Organizers: Katsura Ito, Masaaki Sudo (2014.07.15) Symposium #S3-05: Mites under the sun: how radiant heat, visible light or ultraviolet affect mite physiology, life history and community ecology? XIV International Congress of Acarology. Kyoto Terrsa, Kyoto, JAPAN

アウトリーチ活動

制作物(ブラウザゲーム)

  1. Masaaki Sudo, Tomoe Sekido (2014.07.13) KABURI: a phytoseiid mite 2D action game. 本サイトで公開中
  2. Masaaki Sudo (2016.08.15) KABURI CANVAS: a phytoseiid mite 2D action game. 本サイトで公開中(上記ゲームをhtml5/javascriptへ移植し、大幅に機能拡張した版)